車検を行う時にチェックしたいこと

車検を受ける方法は、大きく分けると「陸運局に自分で持ち込む」「専門業者に依頼する」という2つがあります。ほとんどの状況で後者が選択されますが、車の整備を少しでも知っている人ならば自分で対応してしまうという選択肢もあります。ただ、数年おきに定期的なメンテナンスの機会を設けることは、車の性能や安全性を維持する上でも重要な意味があるので、必ず正確な内容で対応することが必要です。そのため、自分で行う場合は時間がかかっても十分な対応を行うことが必要であり、極端に手間がかかる場合は、専門業者を利用した方が無難です。いずれにしても、「具体的に何をする必要があるのか」「どの程度まで行う必要があるのか」ということを正確に把握しておくことが必要になることを覚えておきましょう。

作業内容と具体的な手順を確認する

車検を受けるために行う整備内容は、ある程度決まっています。というのも、検定でチェックされるポイントは決まっていて、「基本的で安全な性能を有しているかどうかの確認作業」が検定の内容だからです。たとえば、ブレーキが確実に作動するかどうか、アクセルの遊び(レスポンス)が適切な範囲にあるかどうか、灯火類が正常に動作するかどうかといったことが必要です。これらの項目のうち、すべてが基準値を超えていることが確認できると、検定通過となって公道での使用が許可されます。ということは、専門業者はこの内容を正確に把握しているので安心感が高いということになり、自分で行う場合も、必要な内容と程度を把握できていれば十分に対応することができるということです。そのためにも、まずはサービスマニュアルなど読んだり、ネットで情報を集めるなどの対応をしましょう。

信頼できる業者かどうかを判断する

車検整備の内容はある程度決まっているとはいえ、具体的な作業内容(過程)は業者によって違います。また、個人で行う場合は使用する機器の制限があったりもするので、仮に同じ結果が得られるとしても「確実に安全なのか」をチェックすることが大切です。一応、専門業者を利用する場合は、万が一、直後に不具合が起こった場合の無償対応などにも期待できるので、最終的に低コストで仕上がる可能性もあります。自分で対応した場合にはそういった保証制度がないので、再びコストをかけて対応しなければいけなくなるので、二度手間、三度手間になることも覚悟しましょう。もし、そういったリスクを回避したいのであれば、自分で行った内容を専門業者に確認してもらうことも検討すると良いです。専門業者を利用した場合は、別の業者で確認作業をしてもらうことで安全性を高められます。

立会い説明時に部品交換が必要な場合、交換部品は6ヶ月、1万キロ保証がついています。 平成6年に全国で初めて立会い・短時間車検をスタートし、皆様にご愛顧頂いています。 クリスマスキャンペーンは豪華賞品がアタリマス!! 地域限定!お得な割引キャンペーン!。 総合的にサポートしてくれる、お近くの加盟店を探すことができます。 車検でお悩みの方へ