車検の費用をなるべく安く抑えるコツ

車検は、満了期限が切れる前に必ず、受けなければならないものです。この検査においては、自動車の安全性が点検されると共に、自賠責保険の更新、税金の支払いも行われます。そのため、この検査を受けていない自動車は安全が点検されていない、保険が更新されていないと言うことですから、公道を走行させることは不可能です。もし、走行させた場合には罰則の対象となります。この検査は自動車整備工場やガソリンスタンド、カーショップなどで受けることができます。また所定の場所に出向いて、自分で行うことも可能です。費用をなるべく安く抑えるコツとしては、ひとつは複数の業者や工場から見積もりをとることが挙げられます。また保険料や税金が普通自動車より安い、軽自動車を利用すると言うのも方法です。そしてもうひとつは、自分で行う方法が挙げられます。

費用をなるべく安く抑える~見積もりや車種にこだわる

車検にかかる費用と言うのは、法律によって定められている部分と、業者などにより異なる部分に分類されます。法定費用は、自賠責保険や自動車重量税のことで、これはどこで受けても同一です。ただし普通自動車よりは、軽自動車の方が安い価格に設定されています。よって費用を少しでも抑えたいと言う場合は、軽自動車を利用すると良いです。一方、検査にかかる費用、書類手続きなどにかかる事務費用は自由に決められるわけですから、業者や工場によって大きな差が出ることも考えられます。そのため事前にそれを確認しておかないと、他の工場で受けた時よりも多い金額を支払ってしまうと言うこともあります。そうした事態を防ぎ、なるべく検査にかかる費用を抑えるためには、やはり複数の業者、工場から見積もりをとり、比較するのが望ましいです。

費用をなるべく安く抑える~ユーザー車検を利用する

もうひとつの方法として挙げられるのが、ユーザー車検を利用すると言う方法です。これは、検査を業者や工場に任せるのではなく、自分で行うと言う方法です。法定費用が必要と言うのは変わりありませんが、自分で検査、または必要な書類手続きを行うので、そこにかかる人件費が不要です。そのため、業者や工場に任せるよりも費用を安く抑えることができます。ただしこれを利用するためには、まず運輸支局に予約を入れる必要があります。更に自賠責保険などの更新も自分で行うので、運輸支局近辺の代書屋に依頼することも求められます。自分で検査ができるのか、と思われる方もいるかもしれませんが、この検査において確認すべき内容は決められています。そして実際に検査では、所定の機械を利用したりすることで、その内容がクリアできるかどうかがわかるようになっています。ですから、どなたでも受けることができるので、その点への不安は不要です。