車検を行う時に注意すべき点とは

どんな人でも自動車に乗る以上は車検を2年に1回出さなくてはいけません。切れてしまうと公道を走る事はできなくなってしまうので、まずは満期がいつになるのか予めチェックしておきましょう。何より多くの人が何とかしたいと思っている費用に関しては、最低でも2社以上、複数の業者に見積を取って比較してから出す事をおすすめします。時間がなくてとりあえず1社だけ確認して出しておいて、後から高かったと反省してもどうしようもありません。見積を見て金額がどうなっているのかと、作業の内訳などもチェックしておく事で、より納得して作業に出す事ができます。満了日の一ヶ月前から出す事ができますので、慌てる事のないように日程に余裕を持たせて早めに出すように心がけましょう。

費用の内訳を確認しておきましょう

どの業者で見積を取る場合でも、国に支払う税金部分としての法定費用とする自賠責保険や重量税、印紙代は変わることはありません。その他の整備や点検、代行手数料などが違ってくるために、合計金額にかなりの幅が出ているのです。基本料などと記載される事も多いのですが、基本料に含まれる部分も業者によってまちまちになっている部分なので、別途代行手数料がかかるなど、上乗せされたりする事があるので注意が必要です。気になるお店を見かけたら、すぐに依頼をするのではなくて見積を取り、内訳の内容を確認し、その上で疑問があれば質問をするぐらいで丁度良いのです。何となくで出してしまうと結局後から追加費用がかかる事もよくあるので、後悔しない車検のためにも家族や友人にも見てもらうなどしてから決めると安心です。

出す前に気にかけておきたいこと

車検の作業費用やどれぐらいの期間でやってもらえるのか日程調整も大事ですが、都合によっては代車が必要ならそれも用意してもらえるかお店に聞いておきましょう。当日にお願いしても自動車がない事もあります。また、利用したい時期に忙しくなるなど、キャンセルや日程をずらしたいという時も出てくる事もあるでしょう。その時もなるべく早めに連絡を入れて、変更できるかどうかをお店側ときちんと相談する事が大事です。特にこれまで別のお店を利用していて、今度初めて違うお店で作業をしてもらうという時には、以前の感覚で利用してしまうということもありがちです。大事な自動車を気持ちよく預けるためには、お店のルールなどもありますので、準備するものなどがあれば用意し、時間に遅れずに出かけるようにしましょう。